葬儀に関するサイトです。

葬儀の色々
Funeral
 


宗派による違い

仏式葬儀の作法

お焼香

仏教では、お葬式をはじめ、さまざまなご法要の折りに必ずお焼香をします。これにはお仏前を荘厳することによって敬虔な心をささげるという意味があります。香は人の気持ちを快くするものですが、それと同時に芳香によって身心を清めるといった意味もあります。香は仏教だけでなくキリスト教(カトリック)の葬儀でも、前夜式などで用いられているようです。普通、近親者の焼香は葬儀式の時間内に行われ、一般会葬者の焼香は告別式開始と同時にはじめられます。実際の葬儀に付いては東京や埼玉など葬儀方法が葬儀社によって異なることもあります。事前に確認しましょう。

お焼香の作法

 

@遺族に一礼して焼香台のある仏前に進みます。ご本尊と遺影を仰ぎ頭を下げて黙礼します。

 

A右手で香をつまみます。

 

B額のところまで押しいただきます。(浄土真宗では押しいただきません)

 

C香炉に静かにくべます。これを宗派で決められた回数行うのですが、二回目からは額でおしいただく必要はありません。
※会葬者が多い場合、焼香は一回だけ行うことが、宗派問わず慣例化しているようです。

 


C合掌礼拝します。最後に遺族に一礼し、退きます。

お数珠のかけかた

お数珠はもともと、お経やお題目をあげる時にその数をかぞえる法具でした。今ではお経やお題目を唱えたり、仏さまを礼拝する時に手にかけてお参りします。 お数珠は持っているだけで功徳があるとされ、普通百八の珠からできています。これは、百八の煩悩を退散・消滅させる功徳があるからだと言われていますが、珠の数はこのほかにも、百八の十倍の千八十のものから、六分の一の十八のものまでさまざまあります。 形式については宗派によって若干の違いがありますので、求められる時に確認したほうがよいでしょう。また、お数珠のかけかたも宗派によって異なります。

合掌のしかた

合掌は仏さまを尊び、供養する気持ちをあらわしたものです。一説によれば、右手は仏さまを表し、左手は私たち凡夫を表すと言います。手を合わせることによって仏さまの境地に私たちが近づけるというのです。いずれにせよ、掌を合わせることによって心が落ちつき、精神が安定するのではないでしょうか。

合掌のしかたは、まず、指と指の間を離さずくっつけて、掌をピッタリと合わせます。そして、位置としては胸の前に、胸にはつけないで少し前に出します。

掌の角度は四十五度くらい。肘は張らず、脇も力を入れて締める必要はありません。肩の力を抜くようにすればよいでしょう。厳密に言えば合掌にもいくつかの形があるのですが、この形がもっとも代表的なものです。

神式葬儀の作法

仏式の告別式にあたる儀式を、神式葬儀では、「葬場祭」といいます。神式葬儀が仏式といちばん異なるのは「手水の儀」と、それに引き続いて執り行われる「玉串奉奠」で、仏式の焼香にあたるものと考えればよいでしょう。 斎主(神官)・副斎主・祭員・喪主・遺族・近親者の順番で行います。

※地域などの違いによっては、ここに紹介した作法と異なる場合もあるようです。正しくは斎主にお尋ねください。

手水の儀

(1)左手に水を注ぎます。
(2)右手を清めます。
(3)左手で口をすすぎ、両手を拭きます。

 

玉串奉奠

 

(1)玉串を受けたら、案(玉串を置く台)の
前に進み、玉串をおしいただきます。
(2)根本を手前にして、まっすぐに持ちます。次に時計回りに回転させて、
向きを変えます。葉先を手前にして供えます。
(3)二礼(4)二拍手(葬儀では音をたてずに拍手します)
(5)一礼

 

キリスト教葬儀の作法

キリスト教の葬儀は、故人を神の手にゆだねる祈りと神を讚える祈り、そして遺族への慰めが中心となって行われます。

献花

仏教の焼香にあたるのが献花です。花は持参してもかまいませんが、多くの場合会場に準備してあります。 根本を祭壇側に、花を手前に向けて献花台に供えます。



recommend

静岡 脱毛サロン

Last update:2017/11/13

ページのTOPへ